HARG療法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Fotolia_46748490_Subscription_XXL

薄毛治療には様々なものがありますが、進化した治療法として「HARG療法」があります。最先端の毛髪再生医療として謳われているHARG療法についてご説明いたします。

HARG療法とは

HARG療法とは、薄毛治療の中でも最先端とされる毛髪の再生医療のことです。Hair Re-generative Therapy(毛髪再生療法)の頭文字をとって「HARG」と名付けられています。その、”最先端”と言われるゆえんは”幹細胞(※1)”と”成長因子”の活用です。

人間の幹細胞を培養し、幹細胞に含まれるタンパク質をろ過して抽出した、150種以上の成長因子(AAPE)と毛髪再生に必要な各種ビタミン、タンパク質、アミノ成分を配合した「HARGカクテル」を、直接頭皮に注入する施術療法です。

頭皮に注入されたHARGカクテルの成分は、休止期にある毛髪の毛母細胞を刺激して、細胞の分裂を活性化したり栄養補給をして細胞を活発にします。定期的な注入で、細胞を刺激し続け、毛髪の正常な成長サイクルを作り出すことが可能となります。
 
※幹細胞とは
幹細胞とはいわゆる「なんにでもなる細胞」のことで、この幹細胞が細胞分裂で増えていき、皮膚や、内臓などの人間のいろんな組織を形成する細胞になっていきます。 近年、ケガや病気で損なわれた組織、器官、細胞の再生を行う治療として、最先端医療として注目を集めています。

HARG療法の効果について

HARG療法の効果として、大きく取り上げられるのが発毛・育毛効果が高いことです。
この他にもいろいろなメリット、そしてデメリットがあります。

メリット

・発毛・育毛率が高い
発毛率90%以上と言われる驚異的な発毛率で、さらに育毛効果も高いとされています。

・男女の区別なく効果が期待できる
男性型脱毛症であるAGAはもちろん、女性形脱毛症にもHARG療法は効果があります。また年齢や、脱毛の進行具合にも関係なく効果を期待できます。

・副作用がない
女性の脂肪から取り出した脂肪幹細胞を利用するので副作用がなく、アレルギー等の問題もありません。

デメリット

・1回の費用が高額
長期的にみた場合、他の薄毛治療と比べて高いわけではないですが、1回で8〜10万円、クリニックによっては10万円を超えるということで高額だと感じる人は少なくありません。

・発毛の即効性がない
ほかの発毛療法でもそうですが、即効性は望めません。平均して1クールと言われる半年で発毛効果を実感できます。

・痛みを伴う
薬剤を注射で直接頭皮に注入するため、麻酔などの痛みを伴います。しかし、現在はレーザーや、ノーニードル(針不使用)による施術が開発されおり、痛みのない効果的な治療法が出てきています。

HARG療法がおすすめの方

年齢・性別を問わず効果的

HARG療法は、いろいろな原因で起こる薄毛や脱毛に対して効果があると言われています。AGA(男性型脱毛症)や、女性の薄毛(女性形脱毛症)、ストレスや生活習慣の乱れからくる脱毛症など、年齢・性別を問わず発毛や育毛効果を得ることができます。

HARG療法の手順

HARG療法は通常、次のような手順で行われます。

(1)受付・診察
予約をして来院していただき、既往歴などの問診票の記入をします。その後、医師による診察があり、その時に患者の頭皮の状態の把握や、理想の頭皮の状態を確認します。それをもとに、具体的な治療計画を立てていきます。

(2)シャンプー・消毒
頭皮の汚れを洗い流し、消毒を行います。

(3)施術
毛髪の成長に有効な各種ビタミン、アミノ酸と150種以上の成長因子(AAPE)を含んだ「HARGカクテル」を頭皮に注入していきます。

基本的に注入は注射によって行われるので、施術前に麻酔をします。人によっては注入による注射よりもこの麻酔による注射の方が痛い、ということもあるので、痛みが気になる方は、事前にクリニックに麻酔の種類(注射・クリーム・吸入)を問い合わせると良いかもしれません。

現在では、ポピュラーな注射治療(パピューレ法)に加えて、レーザーを使った無痛治療法(エレクトロポレーション法)が出てきており、患者のストレスを大幅に軽減し、成分の高いい導入率を実現しています。治療が終わったら日帰りで自宅に帰ることができ、受付から治療終了まで約1時間程度と短時間で済ますことができます。

(4)通院
最初は3〜4週間おきの通院・治療になります。効果が現れてくる頃には6〜8週間おきと通う頻度が少なくなります。およそ6〜8回で1クールが目安となります。

HARG療法にかかる費用

薄毛治療にはいろいろな方法がありますが、どれも高額な費用がかかるイメージではないでしょうか。中長期的な治療が必要な発毛・育毛治療には、それを継続できるような金額設定が重要となってきます。育毛サロンや、AGA専門外来での薬剤使用など、初期にかかる費用が安くても、メンテナンスなどの治療で長期的にみると意外とコストがかかってしまうこともあります。

それに比べてHARG療法は、毛髪再生医療なので、他の薄毛治療と比べても効果が高く、約半年間の治療を終えた場合、その後追加で治療する必要はありませんので費用計画を立てやすいということも挙げられます。気になるHARG療法の平均費用は、1回10万円前後として、1クール(約半年)で80〜120万円ほどです。半年後は発毛の効果が持続するので、通院する必要はありません。

HARG療法でおすすめのクリニック

上の項目でも述べた通り、HARG療法を受けるには病院選びはとても大切です。下記のクリニックの情報を参考にぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。

HARG治療センター

HARG療法の開発者である福岡大太郎医師が院長を務めるこちらのセンターは、発毛率99%、顧客満足度99.4%と実力、実績ともに高いレベルにあります。オリジナル治療薬にしてもHARG療法を熟知している福岡医師の作るものは期待できます。

>>HARG治療センターの公式サイトはこちら

発毛治療専門病院 四谷ローズクリニック

当院長が研究開発したエアーショットHARG療法の「MEDJET(メドジェット)」で、針を使わない(ノーニードル)で、薬剤を頭皮に注入することができます。これにより、針を刺す時の痛みがなく、さらに注射の場合と同等の効果を得ることが可能です。

>>四谷ローズクリニックの公式サイトはこちら

横浜中央クリニック

麻酔不要のエアーショットHARG療法「MEDJET(メドジェット)」を採用しており、施術の際の痛みをなくし治療時間の短縮など、患者の負担軽減を可能にしています。

>>横浜中央クリニックの公式サイトはこちら

HARG療法で失敗しないための注意点

HARG療法はその成功率の高さから、すぐにいろんなクリニックが取り組んでいるのですが、やはり質の悪いところもあるようです。HARG療法で失敗しないためにはこの病院選びがとても大切になってきます。その基準として次の3つのことに着目してください。

・治療方法と料金を確認する(追加料金の有無や、オプション料金などないか)。
・無料カウンセリングなどで治療内容を確認する(細かく説明できないのは論外)。
・複数のクリニックでカウンセリングを行い、自分にあった方法を見つける。

1回5万円など、あまりに安すぎる金額設定のクリニックは少し警戒した方がよいでしょう。
また、最先端の治療をしているからといって、普段の生活習慣が悪ければ、効果も半減してしまいます。安くないお金を出して治療を始めるのですから、これを機会に食生活を含む生活習慣の見直しをしてみるのもいいかもしれません。

プロペシアが使えない人

プロペシアは薄毛治療によく使われる医薬品ですが、最近ではプロペシアが効きにくい遺伝子を持つ人がいて、その人はプロペシアを使い続けても効果を期待できないと言われています。そのような人にもHARG療法は効果を期待できる治療法なのです

逆に下記のような人はHARG療法を受けられません。
・生きた毛穴がない人
HARG療法は休止期の毛母細胞に働きかけ治療法のため、毛穴がなかったり、毛母細胞が死滅している場合は、治療を受けても効果はありません。

・がん治療をしている人
HARGカクテルに含まれる成長因子は、がん細胞にも働きかけ成長させてしまうので、がん治療をしている人には施術することはできません。

まとめ

現在、注目を浴びている再生医療が、薄毛治療の場でも活躍しています。さらにレーザーや、針を使わない施術方法が開発され、薄毛に悩む人にとってはとても大きなメリットではないでしょうか。このレポートが薄毛に悩む人にとって、思うような発毛効果を実現する助けになってくれればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*