育毛剤の副作用とそのリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Fotolia_52320423_Subscription_XXL

育毛剤の副作用ってどんなの?

育毛剤の副作用には、かゆみ・赤み・腫れなど頭皮に直接現れる症状や、めまい・頭痛・吐き気など全身に起こる症状、さらに性機能障害などの深刻な症状まで様々です。

育毛剤の副作用のリスク

育毛剤には、医薬品と医薬部外品の2つのタイプがあります。

医薬部外品は、基本的に植物などの天然由来成分を配合しているため、副作用の心配はそれほどないと考えてよいでしょう。一方、医薬品は治療を目的としているため、高い効果が期待できる一方、副作用が起こる可能性もかなり高いと考えられます。

そして実際に、医薬品の育毛剤を使用して起こった副作用は多数報告されています。

医薬品と医薬部外品

医薬品と医薬部外品、良く耳にするけれども違いがよく分からないという方のために簡単にご説明したいと思います。

医薬品

・病気の治療が目的(薄毛を病気ととらえて治療する)
・厚生労働省で効果が認められている
・医療機関または一部のドラッグストアで購入できる

医薬部外品

・治療ではなく、抜け毛防止や薄毛の改善が目的
・厚生労働省が認可した成分が配合されている
・ドラッグストアで購入可能
・医薬部外品=薬用

育毛剤に含まれる副作用成分と起こり得る症状について

育毛剤に含まれる成分の中でも、特に副作用に気をつける必要がある2つの成分をご紹介します。

プロペシア

プロペシアは、フィナステリドという化学物質が主成分のAGA(男性型脱毛症)治療薬で、購入には医師の処方箋が必要です。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、使用する過程で発毛効果があることが分かり、のちにアメリカで育毛剤として認定されました。しかし、元が前立腺肥大症の治療薬であったため、ED(勃起不全)のような症状が起こることが分かっています。

また、プロペシアは女性には効果がないだけでなく、妊娠している場合、重篤な副作用が出る可能性があるため、女性の使用は禁止されています。

<プロペシアの副作用男性の場合>
・精子の数が減少する
・性欲がなくなる
・出生児に障害や奇形が起こる

<女性の場合>
・婦人科系の病気を引き起こす
・胎児に悪影響を及ぼす可能性が高い

ミノキシジル

ミノキシジルは、CMでもおなじみの育毛剤の主成分として使われており、ドラッグストアでいつでも購入することができます。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発され、高血圧患者の治療に使用されていましたが、使用する過程で発毛効果があることが発見され、育毛剤の成分として使用されるようになりました。そのため、低血圧の方が使用した場合、過度の血圧低下を招く危険があります。

<ミノキシジルの副作用>
・低血圧
・頭痛
・動悸
・EDの症状
・頭皮のかゆみや発疹など

育毛剤で副作用が起きた時の対処方法

<かゆみや赤み>
かゆみや赤み、ヒリヒリするなどの症状が出た時は、一旦使用を中止して様子を見ましょう。軽度の症状なら、たまたまその時に体調が悪かったということも考えられるので、数日おいてからもう一度試してみてもよいでしょう。しかし、再び使用しても同じ症状が出る場合は、肌に合わないということなので使用を控えましょう。

<低血糖の症状や動悸>
低血糖の症状や動悸などが起こった場合は、落ち着いてしばらく休みます。多くは使用後の一時的な症状なので、使用を中止すれば副作用は続きません。ただし、このような症状が出た育毛剤は、使用しない方が良いでしょう。

副作用が少ないおすすめの育毛剤

男性用なら「チャップアップ(CHAP UP)」

チャップアップは、日本臨床医学発毛協会会長の松山淳医師が「優秀な品質の育毛剤である」と、その効果を認めた医薬部外品の育毛剤です。

チャップアップには、現在育毛剤の中で最も副作用が報告されているプロペシアとミノキシジルが配合されていません。そのかわりに、『ノコギリヤシ』・『ナツシロギク』といった育毛効果の高い天然由来成分が使われているため、副作用の心配はほとんどありません。

また、かゆみや腫れ・赤みなどの原因になる添加物も一切使用していないため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

>>チャップアップをご購入のページはこちら

女性用なら「マイナチュレ(MY NATURE)」

マイナチュレは、女性のために開発された無添加の薬用育毛剤です。2014年・2015年のモンドセレクションで2年連続金賞を受賞し、世界基準の品質審査をクリアしています。

マイナチュレの主成分は、『ミツイシコンブ』という天然成分です。このミツイシコンブには、CMでよくみかける育毛剤リアップの有効成分ミノキシジルと同等の効果があるM-034が含まれています。

育毛効果が高い反面、副作用も多数報告されているミノキシジルとは異なり、ミツイシコンブは天然成分なため副作用の心配もなく、妊婦さんや授乳中の方でも安心して使用することができます。

>>マイナチュレをご購入のページはこちら

育毛剤で副作用が起きた時の注意点

育毛剤には香料・保存料・防腐剤などの添加物が含まれているものも少なくないため、かゆみや赤み・発疹などの症状は比較的よく見られます。

しかし、かゆみなどの症状があるということは、頭皮環境が悪化しているということです。頭皮環境の悪化は育毛剤の効果を下げるだけでなく、薄毛や抜け毛を進行させる原因にもなるため、もったいないからといって無理に使い続けることはやめましょう。

プロペシアやミノキシジルが配合されている育毛剤の場合、深刻な副作用が出る可能性も否定できません。すぐに症状が治まれば問題ありませんが、服用をやめても性欲減退やEDなど改善されない症状がある場合は、必ず医師に相談しましょう。

まとめ

以上、育毛剤の副作用について調査してきました。

育毛剤を使用する際は、薄毛や抜け毛の治療効果が高い医薬品ほど副作用が出る可能性が高いということを理解し、具体的にどのような症状の副作用が出るのかを、事前に把握しておくことが大切です。

副作用があまりないと言われている医薬部外品でも、効果を急ぐあまり過剰に使用すれば、何らかの副作用が出てしまうことは大いにあり得るので、用法や用量はきちんと守りましょう。

疑問点や不安なことは医師や薬剤師に相談し、安全にそして効果的に育毛剤を活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*