育毛メソセラピーの薄毛治療方法とその効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Fotolia_96130558_Subscription_XXL

薄毛に悩む人に最近注目されている治療法「育毛メソセラピー」が、全国の発毛育毛クリニックで急速に導入されています。ここでは、育毛メソセラピーとはどんな治療法なのか、効果、手順、注意点、おすすめのクリニックなどについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

育毛メソセラピーとは?

育毛メソセラピーとは、発毛に効果のある成分を頭皮に直接注入する治療法です。

注入する器具は、従来通り注射器を使用するクリニックもあれば、痛みの少ない超音波やレーザーを使用するクリニックもあります。

また、注入する成分はクリニック独自で配合(育毛カクテル)されていますが、各クリニックで共通して使われる成分は以下の通りです。

育毛メソセラピーをおすすめしたい方

育毛メソセラピーが特に効果を発揮しやすいのはどんな方でしょうか?

・頭皮が透けて見える
・頭髪のボリュームが少ない
・広範囲の薄毛治療を必要としている
・毛根が弱々しくても残っている
・プロペシアが使用できない女性

メソセラピーで使用される主な成分

・ミノキシジル
頭皮の毛細血管を拡張し、栄養分の循環を良くなります。AGA(男性型脱毛症)治療の主体になる薬剤であり、市販の育毛剤リアップで有名です。

・フィナステリド
脱毛の原因物資DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することによって薄毛の進行を食い止める男性型脱毛症薬です。

・成長因子複合体
発毛を促す成長因子のIGF-1(毛包を刺激して健康な髪を育てるインスリン様成長因子)、bFGF(頭皮の血流を促進する繊維芽細胞成長因子)、VEGF(新生血管の形成を促進する血管内皮成長因子)を複合したものです。

・コエンザイムQ10
毛乳頭細胞内のミトコンドリアを活性化し新陳代謝を向上させることによって育毛を促進させる栄養素です。

・ヒアルロン酸
保湿効果の高い酸性ムコ多糖体であるヒアルロン酸は、髪の毛に水分を補給し角質層を健全に保ち発毛しやすい頭皮環境を整えます。

・銅ペプチド
毛髪サイクルの休止期を短くして成長期を長くする作用、脱毛の原因物質DHTを生み出す酵素(5aリダクターゼ)を抑制する作用があり、育毛に有効な成分です。

育毛メソセラピーの効果

従来のAGA治療よりも育毛メソセラピーの方が効果が高いだけでなく効果を実感するまでの期間が短いことが最も注目されるポイントになっています。多くのケースで、治療開始後6ヵ月程度で見違えるような発毛がみられ、1年をめどに育毛メソセラピーを終了し内服薬と外用薬の薬剤治療のみに移行します。

一般的には、むき出しになった頭皮に髪を生えるようにすることが難しいと言われていますが、治療初期に育毛セラピーを導入して発毛後は投薬治療により毛量を維持していく方法が短期的にも長期的にも有効です。

育毛メソセラピーのメリット、デメリット

次に育毛メソセラピーにはどんなメリット、デメリットがあるのかお伝えします。

メリット

・他の治療法よりも早く発毛を実感できる
治療開始後6ヵ月で毛髪の大部分を再生することができるケースが多いようです。日々発毛を実感できると治療へのモチベーションも高まります。

・期間の目安がつくため、集中して治療に取り組める

デメリット

・決められたタイミングに治療に通わなければならない

・クリニックに通う期間は何年もかかる
育毛メソセラピー自体の期間は1年程度ですが、薬剤治療はその後何年も続きます。

・費用が高い
ただし、長期的な費用対効果を見ると他の治療法よりもリーズナブルであるという意見も少なくありません。

育毛メソセラピーの手順

クリニックによって異なりますが、大体の手順をお知らせします。

1.問診・検査・カウンセリング

悩みや発毛イメージについてヒアリングをした後、薄毛の進行状態などを検査します。血液検査では育毛メソセラピーに使用する成分の安全性を確認します。遺伝子検査を実施するクリニックもあります。

2.治療

注射器を使う場合は、麻酔をした後や冷却した後に頭皮に注入します。針を使わないノーニードル法では、レーザーを頭皮に照射して古い頭皮を再生させ血流を改善し、超音波によって有効成分を頭皮に注入します。このほか、電気穿孔法(エレクトロポーション)を行うクリニックもあります。

3.外用薬・内服薬の処方

育毛メソセラピーと同時並行で投薬治療を行う場合は、薬を処方し服薬指導します。

育毛メソセラピーにかかる費用

費用はいくらかかるのか気になるポイントですよね。個人の治療内容にもよりますが、最もリーズナブルなのは銀座総合美容クリニックです。

クリニック名 1回の費用 6ヵ月の費用 備考
銀座総合美容クリニック 18,000円 144,000円 月2回(1~2ヵ月)
月1回(3ヵ月~)
AGAスキンクリニック 70,000円 420,000円 月1回×6ヵ月
AGAルネッサンスクリニック 80,000円 448,000円 月1回×6ヵ月

育毛メソセラピーにおすすめのクリニック

おすすめの育毛メソセラピークリニックをいくつかご紹介します。

銀座総合美容クリニック

>>銀座総合美容クリニックの公式サイトはこちら

発毛治療専門医による髪の総合コンサルティングというモットーを掲げ、エレクトロポーション機器を用いたノーニードル育毛メソセラピーを実施しています。

基本的には育毛メソセラピーと内服薬との併用治療になり、M字型、O型など幅広いタイプの薄毛に発毛実績を上げています。費用が比較的低く設定されていること、AGA遺伝子診断による進行リスク判定が可能、脂漏性皮膚炎対策シャンプーを処方してくれることも大きな魅力です。

AGAスキンクリニック

>>AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

全国40院と国内最大規模の男性専門発毛クリニックです。オリジナル治療薬を開発するなど独自のAGA治療に加えて育毛メソセラピーも実施しており、発毛実感率99.4%を誇る人気の高いクリニックです。

注射器を使用しますが冷却器具で冷やして痛みを軽減してくれます。割引キャンペーンを利用できる場合は費用が少し軽減されます。

AGAルネッサンスクリニック

>>AGAルネッサンスクリニックの公式サイトはこちら

湘南美容外科プロデュースの薄毛治療総合クリニックで、東京新宿、大阪、福岡、仙台に展開されています。治療メニュー(28種類)が豊富なため自分に合った治療法を選ぶことができ、その結果、発毛実感率98%という高い実績につながっています。

無料カウンセリング、無料写真付きメール相談、遠方から通う方には交通費サポート制度が設けられていて、相談しやすく通いやすい工夫がされています。

育毛メソセラピーで失敗しないための注意点

せっかく育毛メソセラピーに挑戦するならば失敗したくないですよね。育毛メソセラピーの効果をしっかりと出すためにはどんなことに注意したら良いのでしょうか。

・クリニック選び
予算、場所、開院時間など通い続けられるクリニックを選びましょう。費用はクリニックや治療法によって大きく異なります。複数のクリニックでカウンセリングを受けてよく検討することをおすすめします。

・少しの痛みを感じる可能性あり
痛みや苦痛を軽減するように器具や治療法が進歩していますが、若干の痛みはあるという意見が多く見られます。

・女性の場合は副作用に注意
成分にフィナステリドが含まれる場合は、女性の薄毛にはフィナステリドの効果は薄く体に悪影響を及ぼすリスクがあるため育毛セラピーをしない方がよいでしょう。治療を希望される方は副作用がないか治療開始前にしっかりと確認してください。

・ペースメーカーなどの金属類が体内にあると治療不可の場合も
クリニックが導入している医療機器が、ペースメーカーなどに影響を及ぼす可能性がある場合は、治療を受けることができません。カウンセリングで十分に確認してください。

まとめ

ここまで、育毛メソセラピーについてお知らせしましたが、いかがでしたか?一時的に多額の費用がかかりますが、短期間で発毛効果が実感できる育毛メソセラピーは、薄毛に悩む人に非常に有効で嬉しい治療法であると言えるでしょう。

一言で育毛メソセラピーと言っても、頭皮に注入する成分や使用する器具など細かい治療法はクリニックによってさまざまです。複数のクリニックのカウンセリングを受けて、自分の薄毛に合った育毛メソセラピーを受けてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*