粃糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Fotolia_37966064_Subscription_XXL

脱毛と云えば比較的男性に多い悩みで、皮脂の過剰分泌で毛穴がつまってしまい、脱毛に至るというイメージが一般的ですが、実は脱毛にも色々な種類があるのをご存知でしょうか。ここではフケや古い角質が毛穴に詰まってしまい、脱毛に至る粃糠性脱毛症についてご紹介します。

粃糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)とは

粃糠とは「役に立たないもの」という意味です。つまり、フケや古い角質等の「役に立たないもの」が、毛穴をふさぎ、菌が繁殖して脱毛に至ってしまうという脱毛症なのです。

症状としては多量のフケが挙げられます。フケは乾燥などにより誰にでも見られますが、そのような一般的なフケと異なり、頭皮が白くなるほどの大量のフケが出るのが特徴です。「最近フケが多いな」という程度ではありません。また、かゆみや赤みを伴いり毛根が炎症を起こすことにより、前頭部から頭頂部にかけて脱毛が拡大します。

これに対し、過剰に皮脂が分泌され、毛穴に詰まることで脱毛が起こる症状を脂漏性脱毛症と云います。粃糠性脱毛症のフケ同様、こちらも肉眼で分かるほどの皮脂が毛穴をふさいでおり、常に皮脂が分泌されている状態です。どちらの場合も症状が進んでいる場合は皮膚科の診断を受けましょう。

粃糠性脱毛症の原因

それではなぜ粃糠性脱毛症が起こるのでしょうか。その明確な原因については明らかにされていませんが、ホルモンバランスの乱れや、不規則な生活、栄養バランスの偏りや、皮膚のアレルギー症状、シャンプーや整髪料が合わない、などが挙げられます。近年では、アレルギー体質の人がかかりやすいという説もあります。

しかし、いずれか一つが原因なのでではなく、様々な要素が重なり、頭皮環境が悪化すると考えるのが一般的なようです。様々な原因により、頭皮環境の悪化が進むと、菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こし、脱毛に至るというメカニズムです。

粃糠性脱毛症の治し方

まずは病院にかかることが先決です。皮膚科でステロイドを処方してもらい、頭皮の炎症を抑えます。痒みがある場合にはヒスタミンを処方されることもあります。しかし、上記の対策は一時的な炎症を抑えるに過ぎず、長期化、慢性化、再発のリスクは避けられません。特に、粃糠性脱毛症は再発することが多い脱毛症と云われています。

根本的な解決のためには、自己免疫力を高めることが必要です。食生活の改善やビタミンの摂取、運動不足解消など、時間はかかりますが、生活習慣の改善を図りることが完治への近道です。

また、フケを取り除こうと、刺激の強いシャンプーで過剰に頭皮を洗浄するのはかえって逆効果です。ゴシゴシと頭皮を刺激すると、乾燥したり、角質が壊れてしまい、余計に症状を悪化させる恐れがあります。刺激の弱いシャンプーや、フケの原因菌を抑える殺菌シャンプーを使い、パーマやカラーリング等の刺激を与えることも控えましょう。

粃糠性脱毛症の治療でおすすめの病院

皮膚科であれば、大概の病院でも治療が可能ですが、20代以降の男性の場合、他の脱毛症と併発している可能性もありますので、ここでは薄毛の悩みに特化した病院をご紹介します。

<表参道スキンクリニック>
表参道駅より徒歩5分、土日祝日も受診可能です。

まずはカウンセリング(無料)を受け、頭皮の状態をチェック、血液検査などを行い、治療が開始します。
>>表参道スキンクリニックの公式ホームページはこちら

<銀座総合美容クリニック>
新橋駅より徒歩1分、土日祝日も受診可能です。

こちらもまずはカウンセリングを受け、頭皮の診察、検査、治療といった流れになります。
>>銀座総合美容クリニックの公式ホームページはこちら

<AGAルネッサンスクリニック新宿院>
新宿駅より徒歩3分、年中無休です。

こちらも診察の流れはほぼ同様です。画像メール相談なども行っているようです。
>>AGAルネッサンスクリニックの公式ホームページはこちら

粃糠性脱毛症の治療中でも使えるシャンプーや育毛剤

重度の場合はシャンプーについても自己判断せずに、医師の指示を仰ぐことが必要ですが、粃糠性脱毛症の原因となる菌の増殖を抑えることができるシャンプーも市販されていますので、軽度の場合や、フケが少し目立ってきた、再発かな?という段階では効果的かもしれません。
オンラインでの購入も可能ですので、試してみるのも良いでしょう。

・コラージュフルフルネクスト
>>コラージュフルフルネクストのオンラインでのご購入のページはこちら

まずは頭皮の環境を整え、菌の増殖を抑え、抜け毛を食い止めるることが先決ですので、むやみに育毛剤を使用することはお勧めできません。育毛については医師の指示を仰ぎましょう。

粃糠性脱毛症の方がやってはいけないこと

前述の通り、頭皮に刺激を与え、乾燥支えることはかえって逆効果ですので、とにかく刺激の強いシャンプーの使用や、刺激を与えるような洗浄の仕方は避けなくてはいけません。フケが気になるからと云って洗いすぎて刺激を与えないよう、シャンプーは1日1回程度に留めましょう。

また、痒いからと云って搔きむしると炎症を悪化させますので、病院で軟膏を処方してもらうなど、むやみに掻かないように気をつける必要があります。その他にはストレスを溜め込まない、頭皮を再生するにあたって、脂っこい食事ばかり摂らない、全く運動をしない等、免疫力を低下させるような生活を見直し、改善を図りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あまり聞き慣れない粃糠性脱毛症ですが、細菌の繁殖によるフケが原因なことははっきりしていますので、炎症を抑えれば、抜け落ちた毛も比較的生えてきやすい脱毛症と云えます。自覚症状があれば、早めに病院にかかることをお勧めします。

治療については医師の指示を仰ぐのが完治の近道ですが、炎症を抑える薬の処方以外は、これといった治療方法が確立されているわけではありません。アレルギー体質の人がなりやすいという説もあることから、ビタミンB1、B2、乳酸菌の積極的な摂取、不規則な生活の改善、便秘や冷え性などの体質改善を図ることで、症状が良くなったという例もあります。薬の服用や専用シャンプーの使用と併せ、生活習慣を見直すのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*