妊娠中でも使用できる育毛剤の選び方とおすすめ商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妊娠中はホルモンバランスの乱れ、そして、お腹の赤ちゃんへの栄養補給のために母体への栄養が足りなくなると、抜け毛の状態になってしまうことがあります。

さらに最近は、女性の社会進出に伴い、妊娠期間ギリギリまで仕事することが多く、そのストレスが髪にも悪い影響を与えるのです。

しかし妊娠期間中の抜け毛ケアには十分な注意が必要です。そんな妊娠中の抜け毛ケアについてご説明します。

1.妊娠中に育毛剤を使っても大丈夫なの?

さまざまな理由で起こる妊娠中の抜け毛。それに対処するために一般的に使われるのが育毛剤ですが、一番気になる点はお腹の赤ちゃんへの影響ではないでしょうか。

はじめに言えることは、妊娠中も育毛剤を使うことはできるということです。しかしその使用にはいくつか気をつける点があります。

妊娠中の育毛剤の使用によるお腹の赤ちゃんへの影響にはどのような事があるのかについて次の項目で詳しくご説明いたします。

2.妊娠中に育毛剤使用した時の赤ちゃんへの影響は?

現在、育毛剤にはさまざまな種類・成分があり、成分によっては妊婦本人やお腹の赤ちゃんへ影響することもあります。

男性用育毛剤に多く含まれている次の2成分は、妊娠中は使ってはいけません。

×ミノキシジル
×フィナステリド(プロペシア)

AGA治療でもよく知られるこれらの成分を使用すると、妊婦は低血圧になるおそれがあります。妊娠中に低血圧になると、ふらつきや頭痛などの症状が出ます。

また、成分が肝臓に蓄積されることで肝臓に負担をかける結果にもなります。さらに妊婦の体に吸収されたこれらの成分により、お腹の赤ちゃんの生殖器に異常をきたすおそれがあるとも言われています。

以上のことにより、上記2成分を含む育毛剤を妊娠中は絶対に使用してはいけません。身近な人の育毛剤を安易に借りるのは危険です。また、妊婦自身が使用しなくても、触れただけで体に吸収されてしまうので、側で育毛剤を使っている人がいる場合は、誤って触れてしまわないように気をつけて下さい。

3.妊娠中に使用する育毛剤選びに気を付ける3つのポイント

妊娠中に育毛剤を使用する場合には、次の3つのポイントに気をつけて下さい。

・ミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)が入った育毛剤を選ばない
・添加物の入った育毛剤は選ばない
・天然成分の入った育毛剤を選ぶ

前の項目「2.妊娠中に育毛剤を使用した時の赤ちゃんへの影響は?」でご説明したとおり、ミノキシジル、フィナステリドの成分は、胎児の生殖器に異常をきたすおそれがあるので、これらの入った育毛剤の使用を妊娠中はさけるべきです。

また、育毛剤には、使用感をよくしたり、保存期間を長くしたり、保存を容易にするために以下のような添加物が加えられていることが多々あります。

・鉱物油
・合成保存料
・着色料
・香料
・石油系界面活性剤
・シリコン

添加物は、育毛剤の効果とは無関係とされているため、妊娠中はこのような添加物を含む育毛剤を使うのは控えた方がいいでしょう。

妊娠中は、女性の体はとてもデリケートになっているので、天然成分の入った低刺激の育毛剤を使うことをおすすめします。育毛剤の注意書きをよく読み、「妊娠・授乳中の方は医師にご相談の上ご使用ください」という表示がある場合は、実際にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

4.妊娠中でもおすすめできる育毛剤

妊娠中でも使える育毛剤を3つご紹介します。

マイナチュレ

マイナチュレ

徹底的に無添加にこだわった育毛剤です。ヘアサイクルの長さを考えて長期的に安心して使用できる育毛剤として開発されており、継続使用が推奨される育毛剤の優等生的な商品です。

3種の有効育毛成分と27種の天然植物由来の成分を含み、医薬部外品として厚生労働省の承認も受けています。ベタつきがなく、サラッとした使い心地、無香料で匂いに敏感な妊娠中にも気にせず使えます。

購入者にはメールや電話での無料育毛相談などがあり、サポート体制も万全です。継続することが大切な抜け毛ケアのために、3つの選べる定期プランがあります。90日間の返金保証もあるので気軽に抜け毛ケアを始められます。通常価格が4,747円(税抜き)です。

>>マイナチュレ初回限定20%OFFキャンペーン実地中!3,790円送料無料でご購入のページはこちら

ベルタ(BELTA)

ベルタ

雑誌にも取り上げらており知名度の高い育毛剤です。
業界最大級の育毛・頭皮ケア56種類を99.9%配合しており、気になる16の添加物は全て無添加。さらに厳選した32成分をナノ化することで、頭皮に浸透しやすくし、抜け毛育毛ケアを効果的にしてくれます。結果が出やすい育毛剤です。

敏感肌やアトピーの方はもちろん、頭皮のエイジングケアにも使われているベルタだから、妊娠中や授乳中でも安心して使えます。余計な香料も入っていないので、無臭なのも嬉しいポイントです。

ベルタでは、商品開発を行った社員が育毛のプロフェッショナルとして、抜け毛に悩む方たちを徹底的にサポートしています。また、90日間返金保証がついているので、じっくり使って効果をみたいという方にもぴったりです。お試し1本価格5,980円(税抜き・送料別途)です。

>>ベルタ(BELTA)単品・お得なセット価格でご注文のページはこちら

長春毛精

長春毛精

お客様満足度97.2%(自社アンケート)と高い満足度をほこる発毛・育毛サロンから生まれた育毛剤。世界随一の漢方の知識と優れた技術をもつ「長春中医学院」との共同により開発された薬用育毛剤です。厳選した女性のための和漢12種類の自然の生薬の力で抜け毛に悩む女性をサポートします。

生薬配合で肌に優しいので、肌の弱い人やかぶれやすい人におすすめの育毛剤です。また、生薬の効果を試してみたいという人にもいいのではないでしょうか。1日1回シャンプーの後に塗布するだけとお手軽で、1本2ヶ月分とコストパフォーマンスもよいのが特徴です。
通常価格7,128円(税込み)ですが、現在14日間のお試しボトルを500円で試すことができるので興味のある方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

長春毛精
>>長春毛精お試しボトル、毎月先着5,000名様限定!送料無料500円でご注文のページはこちら

5.妊娠中に育毛剤を使うメリットとデメリット

抜け毛になってしまうと、誰でも気になってしまものです。妊娠中でもきれいでいたいと思う女性ならばなおさらではないでしょうか。

妊娠中、抜け毛になってしまった場合「どうってことない」とあっけらかんと考えられればいいのですが、抜け毛の悩みがストレスになってよけいに抜け毛が進行することがあります。

育毛剤を使うことで、抜け毛を改善するだけでなく、ストレスも軽減できるということがメリットして挙げられます。

デメリットとしては、間違った育毛剤選びで体調を崩してしまう等、予期しないトラブルを招いてしまうかもしれないということです。育毛剤を選ぶときには慎重に選ぶようにしてください。

6.妊娠中に育毛剤を使用する時の注意点

育毛剤を選ぶ時と同様、育毛剤を使用する前にも、妊娠中は使ってはいけないとされる
ミノキシジルやフィナステリドが含まれていないかチェックしてください。この2成分は妊娠中使ってはいけない成分です。周囲で使っている人がいる時も気を付けましょう。また、添加物などの人工物が成分として含まれていないかも合わせてチェックしてください。

石鹸やシャンプー、化粧品と同じように、育毛剤でもお肌に合わないということもあります。育毛剤を使用していて、かゆみやかぶれがある場合は、すぐに使用を中止し、医師の判断を仰ぐことが大切です。大丈夫だろうと安易に自己判断するのは危険です。

抜け毛ケアには、育毛剤を利用する以外にも、シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをすることで、育毛効果を上げることができます。

また、育毛はヘアサイクルが大きく関わってくるので、すぐに効果がでるわけではなく、長期的に取り組む必要があります。使用上のトラブルを感じる時は別ですが、それ以外は継続して様子をみることをおすすめします。

まとめ

妊娠中はホルモンバランスの変化から、匂いに敏感になるなど身体的な変化から、落ち込みやすいなどの精神的な変化も起こりやすくなります。抜け毛は見た目にも変化が判ることから余計に落ち込む女性も多いのではないでしょうか。妊娠中でも育毛剤は使用できることを前提に、上手に育毛剤を選んで、心に余裕をもって妊娠期間を過ごしてもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*